030岩櫃城20100725 CIMG8380
史跡_国史跡
日本100名城_続
山城100選定
廃城をゆく
日本の城1000城
日本の城
No.117 №001 №185 群馬県:030

登城日 2010.7.25(日)

上州の真田ゆかりの城の最後は、武田家滅亡の折、真田昌幸が居城としていた岩櫃城です。

武田勝頼が織田軍に攻められた時、勝頼が昌幸を頼って岩櫃城へ向かっていれば、歴史が変わっていたかも?

吾妻線群馬原町駅から、徒歩30分ぐらい岩櫃山方面へ向かうと城址および岩櫃山登山口に辿り着きます。

舗装はされているものの、ずっと登り坂で、途中、ニホンザルの群れとも会ったりする様な道です。(汗)

登山道は整備されており、本丸まで問題なく登れます。途中、土塁や堀が至るところに往時の姿を

残しており、非常に見所の多い城です。

また、本丸下の堅堀の付近は、木が伐採してあるため、非常に判り易い状態となっています。

残念だったのは、本丸に建っていた木造の城址の碑が根元から折れて倒れていたことです。

折角の城址ですので、シンボルである城址の碑の復興もして欲しいところです。

入城料

 無料

スタンプ台メモ

 未取得

城データ

よみがな いわびつじょう
指定 国の史跡
江戸300藩
別名
城地種類 山城
天守 なし
築城年代 戦国時代
築城者 齊藤氏
主な城主 齊藤氏、真田幸隆、真田昌幸
廃城年代 慶長19年(1614年)
遺構 曲輪、土塁、空堀
現状(案内等) 岩櫃城址(城址碑(倒壊)、解説板、土塁、空堀、曲輪)
関連wiki 岩櫃城
攻城団 岩櫃城

logo

写真

写真1:岩櫃山(左奥)と岩櫃城址(右側) 写真2:城址案内板 写真3:平沢地区(根小屋) 写真4:天狗丸
030岩櫃城20100725 CIMG8380
030岩櫃城20100725 CIMG8419
030岩櫃城20100725 CIMG8424
030岩櫃城20100725 CIMG8426
写真5:城址案内板 写真6:城址散策案内板 写真7:岩櫃城址入口 写真8:中城(三の丸)付近土塁
030岩櫃城20100725 CIMG8430
030岩櫃城20100725 CIMG8495
030岩櫃城20100725 CIMG8429
030岩櫃城20100725 CIMG8434
写真9:中の城付近の堀切 写真10:中の城(三の丸)現梅林 写真11:中の城から二の丸へ登城道 写真12:二の丸付近の堅堀
030岩櫃城20100725 CIMG8438
030岩櫃城20100725 CIMG8442
030岩櫃城20100725 CIMG8448
030岩櫃城20100725 CIMG8455
写真13:二の丸 写真14:二の丸-本丸間の堀 写真15:本丸 写真16:本丸居館跡
030岩櫃城20100725 CIMG8458
030岩櫃城20100725 CIMG8465
030岩櫃城20100725 CIMG8468
030岩櫃城20100725 CIMG8474
写真17:岩櫃本丸址の碑(倒壊) 写真18:岩櫃城由来記 写真19:本丸から堅堀 写真20:本丸からの眺望
030岩櫃城20100725 CIMG8477
030岩櫃城20100725 CIMG8475
030岩櫃城20100725 CIMG8469
030岩櫃城20100725 CIMG8480

his_shiro88_31_darkgray