600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0132
史跡_指定なし
廃城をゆく

登城日 2009.6.21(日)

長野駅から川中島バスで古戦場跡で下車、古戦場跡にある八幡神社が武田本陣跡になります。

神社の境内の周囲に低い土塁が残っており、往時の陣城だったことが偲ばれます。

また、有名な武田信玄と上杉謙信の一騎打ちの像があったりもします。

付近には、川中島合戦ゆかりの場所が散在していますので、ゆっくりと周辺を散策することをオススメします。

入城料

 無料

城データ

よみがな かわなかじまはちまんばらたけだほんじん
指定 なし
江戸300藩
別名
城地種類 陣城
天守 なし
築城年代 永禄4年(1561年)?
築城者 武田信玄
主な城主 武田信玄
廃城年代 永禄4年(1561年)?
遺構 土塁
現状(案内等) 八幡原史跡公園(土塁、石碑、解説板)
関連wiki 川中島の戦い
攻城団

logo

写真

写真1:八幡神社 写真2:謙信、信玄一騎打ちの銅像 写真3:本陣跡(土塁) 写真4:川中島合戦図
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0131
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0132
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0133
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0130
写真5:天厩寺(武田信繁の墓所) 写真6:千曲川と八幡原
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0134
600川中島八幡原武田本陣20090621 DSCF0136

his_shiro88_31_darkgray